HPの制作会社もHTMLコーディングを代行業者に発注するのが当たり前になってきています。

このサイトではHTMLコーディングの代行業界がどうなっているのかを分析/解説していきます。

023445

◯これまでのHTMLコーディング代行業社

HP制作は「ワイヤーフレーム作成」「ディレクトリマップ作成」「デザインの決定」という過程を経て「HTMLコーディング」にいたるわけですが、コーディングに関しては代行業者の「言い値」が通ってしまうような状況が続いてきました。

コーディングもひとつの専門職なので門外漢には分からないことが多くて当たり前ですが、それにしても「基本料金」と「オプション料金」なるものが高い値段設定で要求されることが珍しくありません。

もし基本料金の内訳を考えるのであれば、その後も面倒を見る/仕事に関わる「ディレクション料」として費用を換算していることになりますが、必ずしもすべての業者がそこまで質の高いものを制作できているとは限りません。

残念ながら中にはいい加減な仕事をする業者もいるのが現在のHTMLコーディング代行業界であり、今後はこのような業者は駆逐されていかなければならないでしょう。

◯コーディングの料金は低下していく

今後はHTMLコーディングにかかる費用が低下していくことが期待されています。

理由のひとつ目は上述した「適正価格」が広まることですが、ふたつ目として「オフショアリング」の利用が挙げられます。

「オフショア」とは「アウトソーシング」の海外版のようなもので海外の業者に事業を委託することを指します。

PC関連の勉強をするのに言語はあまり関係ないので、発展途上国の人たちも学べる環境さえ整えば日本人と変わらない実力を身につけることは可能です。

現状で日本と発展途上国ではまだ賃金に差があるのでオフショアは現実的な選択肢です。

かつてよりも格差は縮まってきてはいるもののまだ数年間は利益が出る計算です。

このオフショアを利用することでHTMLコーディングの費用を下げることが出来ます。

またデザインを画一的にすれば更に時間を短縮することが可能です。

こういった努力がHTMLコーディング業界全体に広まっていく可能性は高いです。

◯コーディング代行業界の展望は

適正なディレクションが出来ないコーディング業者が駆逐される可能性は高いです。

品質が高く値段は安いコーディング事業が当たり前となっていくでしょう。

まっとうな環境が整えられることで正常な競争が機能します。

HTMLコーディング代行業界も改善が進んでいくと期待されます。